建武中興十五社

建武中興十五社

HOME > 鎌倉名数-建武中興十五社ページ

建武中興十五社は、建武中興(建武の新政)に尽力した南朝側の皇族・武将などを主祭神とする15の神社です。これらの神社は「建武中興十五社会」を結成しています。
後醍醐天皇による建武の中興は、それまでの武家中心の社会を天皇中心の社会に戻そうとしたものでした。これは、明治維新によって江戸幕府から実権をとり戻し明治政府を樹立した明治天皇にとって意義深いものであり、明治以降、建武の中興に関った人々を祀る神社がその縁地などにつくられました。

鎌倉には、建武中興十五社の1つ、鎌倉宮があります。


▲ページトップに戻る