鎌倉の交通

鎌倉の交通

HOME > 産業・生活-鎌倉の交通ページ

鎌倉の鉄道交通機関には、JRの横須賀線・東海道線・根岸線、私鉄の江ノ島電鉄(江ノ電)と湘南モノレールがあります。
また鎌倉駅や大船駅を中心に、江ノ電・京浜急行・神奈川中央交通の路線バスが走り、多くの観光客や通勤客を運んでいます。
鎌倉では、昭和5年(1930年)に現在の「市道大船西鎌倉線」が開通し、「日本最初の自動車専用道路の出現」と新聞に報じられました。
その後、自家用自動車の増加にともない、交通量は増加しました。
加えて古い城郭都市である鎌倉の道路は、ほとんど片側一車線で、渋滞の原因になっています。
交通事故も増え、排気ガスや騒音被害の問題を抱えるようになりました。
鎌倉市は公共交通機関の利用を呼びかけ、「歩く市民生活」「歩く観光」を推奨しています。
乗り降り自由で鎌倉市内の名所巡りが可能な「鎌倉フリー環境手形」を発売したり、「パーク&レールライド」のシステムをつくって海浜部の駐車場と乗り物の切符を組みあわせた特典をつけるなど、工夫しています。
鎌倉が住環境的にも観光都市としても優れた都市に発展していく上で、交通の利便性をどのように確保していくかが大きなカギになっています。

横須賀線

横須賀線は、横須賀軍港と首都東京を結ぶ国防上の必要から、明治22年(1889年)に東海道線の支線として開通しました。
同年、逗子駅・横須賀駅と同時に鎌倉駅が開設されました。
開通当時は単線で、大船~横須賀間は1日4往復でした。
北鎌倉駅は、昭和2年(1927年)に最初は夏場だけの臨時駅として設けられ、昭和5年(1930年)に本格的な駅になりました。
横須賀線が開通すると鎌倉は観光地・別荘地・保養地として急激に発展し、欧米人も住むようになり、人の往来が盛んになりました。
明治27年(1894年)には鎌倉駅で欧文電報の取り扱いもはじめられています。
当時は駅が交通と通信の拠点だったのです。
横須賀線は、大正5年(1916年)に複線になり、このころより東京への直通列車が運転されるようになりました。
同年、鎌倉駅の駅舎はモダンな木造の建物に改築されました。
この駅舎は関東大震災にも倒壊せず、昭和59年(1984年)に現在の姿に改修されました。
昭和34年(1959年)に昼間30分おきであった運転間隔が15分おきになりました。
現在、朝夕のラッシュ時には4分間隔で運行されています。
JR線


より大きな地図で JR鎌倉駅 を表示

wikipedia「横須賀線」

江ノ島電鉄

鎌倉の町のなかをぬって走る江ノ島電鉄、通称「江ノ電」は、鎌倉と藤沢の間10.1kmをおよそ34分で走る単線で、沿線住民にも観光客にも親しまれています。
江ノ電は、明治35年(1902年)に「江ノ島電気鉄道」として開業しました。
京都で日本最初の電気鉄道が開通したのが明治28年(1895年)であり、江ノ電の開通は全国で6番目でした。
はじめは藤沢から片瀬までおよそ3.5kmが開通し、2年後には極楽寺まで開通しますが、長谷へ抜けるトンネル工事が難航し、明治40年(1907年)になって大町まで開通し、終点の小町(現在の鎌倉駅前東口・生涯学習センター付近)まで全線が開通したのは明治43年(1910年)のことでした。
鎌倉駅が横須賀線鎌倉駅西口に移ったのは昭和24年(1949年)のことです。
京都・名古屋・小田原の電気鉄道は廃止または国有化されたので、現在、江ノ電は日本で3番目に古い歴史をもつ電気鉄道となり、郷愁を抱くファンが多いです。
観光名物でもあり鎌倉の風物詩の1つです。
平成14年(2002年)には、開通100周年を迎えています。
無公害の交通機関として、改めてそのよさが見直されています。
江ノ島電鉄線


より大きな地図で 江ノ島電鉄線(藤沢駅) を表示

wikipedia「江ノ島電鉄」
wikipedia「江ノ島電鉄線」

湘南モノレール

大船から江ノ島までおよそ7kmの丘陵部をぬうように走る湘南モノレールは、道路をなぞるようにその上方の空間を利用して走る日本で最初の交通機関です。
サフェージュ式と呼ばれる架橋に懸垂した車両は、空気バネを用いているため騒音も少なく、また軌道が完全にカバーされているため、雨や雪の被害も受けず傷まない利点があります。
昭和46年(1971年)に大船から西鎌倉までが開通し、その後、南へ延長されて昭和46年(1971)、江ノ島まで達しました。
大船から湘南江の島までの所要時間は、現在13分です。
湘南モノレール線


より大きな地図で 湘南モノレール(大船駅) を表示

wikipedia「湘南モノレール」
wikipedia「湘南モノレール江の島線」

小田急江ノ島線

小田急江ノ島線は鎌倉まではつづいていませんが、片瀬江ノ島駅までつづいています。
小田急江ノ島線

▲ページトップに戻る