鎌倉光明寺(関東十八檀林)

鎌倉光明寺(関東十八檀林)

HOME > 鎌倉名数-関東十八檀林(光明寺)ページ

関東十八檀林とは、江戸時代初期に定められた関東における浄土宗の檀林18ヶ寺のことをいいます。檀林とは僧侶の養成機関・学問所のことです。江戸時代には浄土宗の僧侶の養成がこの18寺に限られていました。

鎌倉では、光明寺が檀林18ヶ寺の1寺として認められていました。

武蔵国
増上寺(東京都港区)
伝通院(東京都文京区)
霊巌寺(東京都江東区)
霊山寺(東京都墨田区)
幡随院(東京都小金井市)
蓮馨寺(埼玉県川越市)
勝願寺(埼玉県鴻巣市)
大善寺(東京都八王子市)
浄国寺(埼玉県さいたま市岩槻区)

相模国
光明寺(神奈川県鎌倉市)

下総国
弘経寺(茨城県結城市)
東漸寺(千葉県松戸市)
大巌寺(千葉県千葉市)
弘経寺(茨城県常総市)

上野国
大光院(群馬県太田市)
善導寺(群馬県館林市)

常陸国
常福寺(茨城県那珂市)
大念寺(茨城県稲敷市)

江戸時代初期、知恩院は浄土宗の有力な寺院の1つでしたが、宗派内での地位は明確ではありませんでした。慶長2年に知恩院の尊照が「関東檀林規約」五條を定め、本寺・末寺の制度が整備されました。また元和元年7月24日には増上寺の存応の案による「浄土宗法度」三十五條が幕府によって発布され、門跡を知恩院、総録所を増上寺とする教団体制が確立しました。18寺の檀林が公式に認められ、宗派の重要ごとは檀林の会議で決すること、僧侶の養成も檀林でのみ行うこととされました。


▲ページトップに戻る